プリザーブドフラワーとは、生花の最も美しい時に、その花が持つ水分と、グリセリン、着色料等の薬剤を吸い上げさせて特殊な加工をされた花のことです。
水遣りの必要は全くありません。生花のようにみずみずしく、やわらかさも兼ね備えています。
環境が良ければ数ヶ月~数年間お楽しみ頂ける、まさに生花とドライフラワーの両方の良さを兼ね備えた画期的な花材です。
Preserve=「保存する」

* お取り扱い上の注意 *


高温多湿・直射日光は、色あせの原因になりますのでお避けください。

絶対に水をかけないでください。

色が移ることがありますので、カーテンや壁紙、衣服に直接触れないようにお気をつけください。色が付着した場合は、すぐに常温の水と石鹸をつけたスポンジなどで軽くたたいてください。

・梅雨~夏の間は湿度が高く、高温のため、花材によってはプリザーブド液が溶け出しやすくなり、花びらが半透明になったり、斑点が出ることがありますが、湿度が下がると元に戻ります。気になる時は、ケースにシリカゲルと一緒に入れると早く戻ります。

・時々ドライヤーの冷風で、やさしくホコリを払って頂くと長くお楽しみ頂けます。

・人体には無害ですが、小さなお子様が口に入れないようご注意ください。