実は、「バラ」と一口に言っても数え切れないほどの種類があり,

それぞれみんな咲き方が違います。

でも、プリザーブドフラワーのローズは、

選ばれたほぼ同じ品種のものが加工されますので、

お顔はどれもよく似ています。

それはそれで美しいけれど、変化が乏しくちょっと物足りなさを感じる方も・・・。

そこでatelier A-styleは特別に手間をかけて

試行錯誤の末、オリジナルローズを作りました。

画像の上方のフリルが美しい大輪ローズが

atelier A-style特製のオリジナルローズ「アンティーク・ローズ」です。

元のローズは花器の足元のローズです。

このローズの花びらを一枚一枚、そうっと丁寧に組み直して作ります。

一輪仕上げるのにも多くの時間と手間、そして高い技術が要りますが、

同じローズとは思えないほど表情が変わり、美しいローズに変身します。

生花のローズにもこのような咲き方の種類があり、大変美しいローズとして愛されています。

しかし、残念ながら切り花にすると寿命が短く、長く楽しめません。

「プリザーブドフラワーならもっと長く楽しめるのに・・・。」という思いから

試行錯誤の末に生まれたローズです。

みなさまにも長く可愛がって頂けるローズになれば幸いです。

かわいらしい「しべ」と美しいフリルが特長で、アンティーク風の花器によく似合います。

ショップではアンティーク・ローズの雰囲気を大切にアレンジをデザインしています。